名古屋帯
「名古屋帯」とは、「九寸名古屋帯(幅)」とも言い、大正末期に帯の簡略化を目的として考案されたものです。お太鼓の幅を30〜32cmほどの好みの幅に帯芯を入れ、胴に巻く部分を2つ折りにして仕立てたものです。 ちょっとした礼装に使われる織の帯から普段用の染の帯まで、模様付けも多彩であらゆるシーンで利用できます。
商品一覧
次のページ↓もあります。ページ番号をクリックしてください。
1 2 3
ページ: 1/3
【オ】はオークションへ出品予定価格、【直】は直販価格
◎オークション出品希望リクエスト受け付けています。
単衣名古屋帯・織・縦縞
名古屋帯・織・無地
名古屋帯・織・幾何学
名古屋帯・織・草花柄
名古屋帯・織・無地・リユース・チャリティーアイテム
名古屋帯・織・抽象柄・リユース・チャリティーアイテム
名古屋帯・織・ぼかし・リユース・チャリティーアイテム
名古屋帯・織・抽象柄・リユース
名古屋帯・織・抽象柄・リユース・チャリティーアイテム
名古屋帯・織・抽象柄・リユース・チャリティーアイテム
次のページ↓もあります。ページ番号をクリックしてください。
1 2 3
ページ: 1/3
気に入った商品に『投票』してください。
(商品の各出品希望欄にチェックをし、下の「投票」ボタンを押すと票がはいります。)
投票の多かった商品からオークションに出品します。メールアドレスを入力していただければ、希望商品が出品された際にその旨をメールでお知らせします。
E-mail :


オークション中
 
▲ページトップへ